クレヨンしんちゃん映画「アクション仮面VSハイグレ魔王」を見て

最近の日課はクレヨンしんちゃんの映画を見ることです。クレヨンしんちゃんの映画と言えば、嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲や嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦など2000年代に上映された感動系の映画が有名かと思いますが、一番初めの作品はアクション仮面VSハイグレ魔王というアクション仮面をメインにして描かれたギャグ要素の強い作品でした。アクション仮面が実はパラレルワールドから来たヒーローで、アクション仮面がもといる世界がハイグレ魔王という悪党に襲われその世界の住民はみんなハイレグ姿にされてしまう…という伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!に似た設定となっています。作品を見た当初は思いませんでしたが、現在になって振り返ってみるとストーリーの展開が、ある場面を境に一気にギャグ展開となります。急な方向転換にも感じ、気になって調べてみたのですが、どうやら脚本家の方が2名いてその場面より前シーンとあとシーンで脚本を書いている方が別人ということでした。このように2人で別々に脚本を書く方法は、クレヨンしんちゃん映画の中初期の方では何度か使われていたようです。ギャグも大人向けのものが多いため、有名作品以外の作品をもう一度見てみるのもおすすめです。アンチエージングサプリ薬局